インド占星術とは

 Jyotish(光の科学・智慧)

天文学とともに古代より発展してきた占星術は今や世界中で親しまれています。

西洋占星術が日本では有名ですが、インドにも古くから占星術があり

起源は五千年以上前と言われ、ヨガとアーユルヴェーダとは兄弟のような関係でインドの三大ヴェーダ(智慧)といわれて古くからそして今現在も大切にされています。

占星術は地球という一つの星に住む私たちに宇宙が教えてくれる様々な知恵であり法則なのです。

インド占星術と西洋占星術のちがい

インドでは実際に空にある星の位置を基準に星座の位置を決めています(サイデリアル方式)。西洋占星術も古くはこの方式を採用していたと言われている伝統的な方式です。

西洋では春分の日にある太陽のポイントを牡羊座の0度としてそこから星座の位置を決めていきます(トロピカル方式)。実際の空の星の位置とは関係なく太陽を基準にした星座システムとなっています。
中国の四柱推命で使用する太陽歴も立春から始まる太陽を基準とした暦で、価値観が似ています。

西洋は目指したい願望や目標を表す太陽を重視し、物質世界での願望や自己実現を重視します。最近発見された新しい惑星を取り入れ、占うものの感性や勘を生かせる自由度の高い占いです。

インドは惑星の強さやハウスの支配星、ダシャー、分割図など伝統的な技術を用いて細く論理的に見ていきます。そのため、具体的な現状が的確に当たりやすいと言われています。

自分の意思ではどうにもできない辛い運命さえも的確に読み取れるため、人生で託された課題や役割を知り、受け入れ乗り越えて成長していく といった自己分析と自己の成長を促すための占いです。内面を表す月を重視します。

 

☆・・私がインド占星術を学んだきっかけ・・☆

私は今までインド人のアーユルヴェーダドクター3人に体質診断をしていただいたのですが、3人とも私に違う診断を下したのです。
プラクリティと呼ばれる生まれながらの体質はプロのドクターでも見極めることが難しいことがわかりました。
そこで自分自身をもっと深く見つめるためにインド占星術を学ぶことになったのです。

 

私はインド占星術で読み解くと
私はヴァータ(風・空)とピッタ(火・水)の影響をかなり受けていますが
本質はのんびりおっとり愛情深いカパ(水・土)なのです。

確かに心地の良い空間でのんびりしていることが大好きですし、誰かの幸せに貢献することに一番の幸せを感じます。

人生の使命は 天命となる仕事にほとんどの星が集まっています。

自分の人生のテーマや体質、心や潜在意識。

インド占星術は私たちにはどんな可能性があるのかを教えてくれます。

そして

人生で避けることができない試練を生かして

人間として成長していくための様々な知恵を授けてくれるツールなのです。